株式会社リスペック 各種防水工事請負・外壁防水塗装 株式会社リスペック

リフォーム工事のご依頼・お問合せは
お気軽にご連絡ください

tel072-395-0383 fax072-395-0384

リスペックブログ

FRP防水

意外と自分で出来ちゃうFRP防水をご紹介(トップコートだけね)

投稿日:
2018年5月30日

タグ:
, ,

こんにちわ^^  リスペックの山本です。

 

 

四国はとうとう梅雨入りしたようですねー

 

近畿ここ大阪もそろそろ梅雨入りでしょうか?
今年は例年よりも少し早くなりそうだと、
今朝の天気予想で言っておりました。

 

私たち防水工事屋からするね…梅雨の時期はね…
仕事がね…どうしてもね…

 

って、愚痴っぽくなっちゃうので話を変えて(苦笑)
今回はFRP防水についてご紹介させて頂きます。

 

木造住宅の多くで使われているFRP防水

 

実はFRP防水の工法は現在の木造住宅で、
多く使用されているのです。

 

FRP防水の特徴として挙げるなら、
強くて硬くて強靭な防水層なんです。

 

このような強靭な防水は、
使用頻度の高いバルコニーには最適です。

 

耐熱性・耐薬品性・耐候性のも優れているので、
バルコニーの掃除やお手入れなんかのメンテナンスも
容易に行えます。

 

また1つ、防水層を長持ちさせるコツとして、
バルコニーの定期的な掃除をすることをお勧めします。

 

バルコニーは意外とゴミが溜まりやすく、
ドレン(排水溝)の詰まりの原因にもなります。

 

なので、ホコリや落ち葉など大きな塊のゴミは、
週に1度でも除去する方がいいでしょう。

 

また、コケや水垢などこびり付く汚れは、
定期的にデッキブラシで洗い流してください。

 

見た目は当然キレイになりますし、
このような行為の積み重ねが、
防水層をより長持ちにさせるのです。

 

FRP防水を行う際に気をつけること

 

話は変わりますが、
改修工事でFRP防水を施工する際に、
気をつけなければならないことがあります。

 

それが、サンディング作業(目荒らし)です。
まず写真を見てください。

 

 

この写真はまさにサンディング作業(目荒らし)を
している最中です。

 

この作業をするかしないかで、
防水層の耐久性が大きく変わります。

 

もしですよ、もしご自身で塗り替えする時は、
このサンディングの作業(目荒らし)を
必ず行ってください。

 

40番程度の研磨ペーパーでも十分ですが…
めっちゃ時間がかかります(汗)

 

やっぱり時間と能力と体力を考えると、
我々に依頼する方が早いかもです。

(って営業トークかい、笑)

 

軽く研磨作業をして、
サンディングをした後に出た粉塵を綺麗に掃除して、
アセトン拭きをします。

 

(一般の人はアセトンの入手が困難なので、
代用品に市販のラッカーシンナーでも大丈夫です)

 

 

最後に溶剤系のトップコートを塗布してやっと完了です。

 

わたし的には、3年に1度の塗り替えをお勧めします。
この仕事の経験から長持ち感が、ぜんぜん変わってきますね。

 

もし、コスト削減で出来る限り安価に仕上げたい場合は、
比較的に簡単な作業ですので、
お客様ご自身でFRP防水することも検討してくください。

 

質問・相談だけなら無料です(笑)

 

いつでもお気軽にお問い合わせください^^

【Before】

【After】

>> 記事一覧に戻る