株式会社リスペック 各種防水工事請負・外壁防水塗装 株式会社リスペック

リフォーム工事のご依頼・お問合せは
お気軽にご連絡ください

tel072-395-0383 fax072-395-0384

リスペックブログ

アスファルト防水ウレタン防水

【オーナー様必見!】工期短縮!コストダウン!が実現した新型ウレタン防水工事!

投稿日:
2018年7月10日

タグ:
,

こんにちは。リスペックの山本です^^
まずは「職人たちのカッコイイ姿」を…どうぞ!

 

 

って、いきなし「職人たちのカッコイイ姿」を見せられても困りますよね(苦笑)

 

私が現場に入って仕事をしていると、彼らの姿と言うか勇姿と言うか、そんな姿にいつも心が打たれてしまうのです。その姿を一言で表すと「カッコイイ」に繋がるみたいな(^-^;

 

どうしても職人って日の目を浴びないのが残念、、しかし、太陽の下で汗水流しながら働く彼らの姿は、私には輝いて見えます。

 

職人代表として私はこれからも職人の「カッコイイ姿」を伝えていこうと思います^^

 

「ダイフレックス」さんの組合に入会しました。

 

ダイフレックス防水工事業協同組合

 

ダイフレックス防水工事業協同組合とは防水改修工事の高い技術力を持った信頼できる業者のネットワークです。
組合全体による高い安心の責任保証も兼ね備え、お客様に安心して頂ける仕組みやサポート体制づくりを行なっています。

 

ダイフレックスさんとは上記の通りです。簡単に説明すると「防水改修工事における業者の、信頼性且つ技術力を持ったネットワーク」と解釈するとわかりやすいかもです。

 

私たち業者の立場からすると、とても有効的な団体で、例えば最新の防水塗料・技術・にニュースなど、常に業界の最先端の情報をアナウンスしてくれます。また、団体に加盟していることで社会的な信用も得て、業者間での取り引きの際にも有効になります。

 

この度リスペックがダイフレックス防水工事業協同組合に入会したのには、“ある理由”がありました。それは、今までは「アスファルト防水の上にウレタン防水はできない」という業界の概念を覆す“ある特殊な技術”が開発されたからです。

 

「アスファルト防水の上にウレタン防水はできない」

 

これが防水業界では一般的な常識でありました。これだけ技術が進んだ現代でも、キャリアのある古い職人さんは「アスファルト防水の上にウレタン防水はできない」と、判断される方は少なくはありません。

 

それがダイフレックスさんの独自の開発により、約10年間の努力と歳月を経て「アスファルト防水の上にウレタン防水が…」可能になったある材料が開発されたのでした。

 

それが、エバーコートZero-1のウレタン塗料です。

 

そもそも「アスファルト防水」と「ウレタン防水」は相性が悪い材料同士です。水と油のような関係とでも言いましょうか。

 

つまり、アスファルト防水の上から修繕工事をする際にウレタン防水をすると、相性の悪さから塗料の密着不良の問題が発生するのです。

 

この問題は工事屋にとってものすごい痛手でした。工期に時間がかかる・作業はやりにくい、その結果コストも高くつく…はっきり言って最悪の三原則です。

 

その最悪な問題をエバーコートZero-1(ウレタン塗料)は解決することに成功しました。それはそれは発売当初から爆発的なヒットを生んだと聞いております。もちろん私も、この商品の価値を知って、ダイフレックス防水工事業協同組合に入会したのは言うまでもありません。

 

では、エバーコートZero-1(ウレタン塗料)が問題を解決した具体的なメリットをご紹介します。

 

工期期間を劇的に短縮させることに成功!

 

例えば、100平米の屋上があるとします。その屋上のアスファルト防水の上から修繕工事にウレタン防水を施工しようとすると、ざっくりですが約6日間かかるのが従来の平均的な工期期間です。

 

その工期期間が、エバーコートZero-1(ウレタン塗料)を使用することで約2日間は短縮できます。工期を2日間も短縮するとはすごいですよね。想像でもコストに換算すればメリットがあることに、ご理解いただけるのではないでしょうか。

 

ゴミの回収不要!!ゲリラ豪雨のリスクも回避!

 

防水工事の対敵と言えば雨です。特に近年では突然ゲリラ豪雨が発生し、ちょっとした工事の判断ミスや、ゴミの撤去や乾燥時間のタイミングによって、ゲリラ豪雨が発生すると、雨漏りが再発するような大きな2次被害を受ける事態もありました。

 

しかし、このエバーコートZero-1(ウレタン塗料)を使用することで、従来は撤去していたアスファルト防水の上からウレタン防水の施工が可能となり、ゲリラ豪雨からの2次被害も劇的に回避することができるようになりました。

 

やっぱり工事費用にメリットがあります。

 

工期期間が短くなる、ゴミの撤去が不要になる、続いてあるメリットが工事費用です。工事の価格の内訳をざっくり説明すると人・時間・材料です。その中でも時間と材料が軽減されるのだから、当然コストにもメリットが出てきます。

 

じゃ、どのくらいメリット(安く)なるの??

 

うーん、、これは現場によって一概に言えなので…(^-^;写真を送れる方はまず私に状況を確認させてください。概算にはなりますがお見積もりをさせて頂きます。

 

ズバリ!工事全体の最適化!!

 

なんだかんだと紹介しましたが、一言にまとめると「工事全体の最適化」です。

 

単にアスファルト防水の上にウレタン防水ができるようになった訳ではなく、それを実現することで、作業の手間・材料費カット・工期短縮と、工事屋の我々にとってたいへんメリットがある新しいウレタン工事が誕生した訳です。

 

と同時に、お客様にとっても引いては安全且つスピーディに、更にコストも従来より安価な工事を提供できると言う訳なのです。

 

これが「アスファルト防水の上にウレタン防水が可能になった」最大の価値であると、私は思います。これからもどんどん新しい防水工事を提供していく次第です。

 

マンション及ビル・建物所有のオーナー様へ

 

屋上のアスファルト防水が劣化して「そろそろ改修工事が必要かも…」そのようなことでお悩みになったことはありませんか?

 

また「防水工事業者に見積もりをしてもらったけど、工事費が高すぎて今だ決断に迷っている…」など、工事費が壁になって一歩を踏み出せない、そんなことでお困りになっていませんか?

 

今回のブログではまだ「エバーコートZero-1(ウレタン塗料)」を使用した工事への理解はできないと思います。私も「絶対にこれをやるべき!」など強制はしていません。

 

なので、まずは相談です^^

 

電話を1本入れるのに5分の時間も必要ありません。

 

不安や疑問をいっぱい抱えてまずはお気軽にお問い合わせください。

【Before】

【After】

>> 記事一覧に戻る