株式会社リスペック 各種防水工事請負・外壁防水塗装 株式会社リスペック

リフォーム工事のご依頼・お問合せは
お気軽にご連絡ください

tel072-395-0383 fax072-395-0384

リスペックブログ

雨漏り調査

大阪でも雪? 京都は雪積もっています 冬の屋上防水工事もたいへんです

投稿日:
2020年12月17日

タグ:

こんにちわ リスペックの山本です

 

久々の更新ですね。

忙しくて、現場に出たり、見積もりに行ったり、打ち合わせに行ったり、いつもの年末ラッシュを過ごしておりました。

急に寒いですね!!めっちゃ!!

現場は雪が降っていたようで、こんなに積もっていました。WW

 

 

S造のALC取り合い部から雨漏り

 

さて、先日雨漏り調査に行った様子をYOUTUBE にアップしましたので、ぜひご視聴よろしくお願いします。

https://youtu.be/5xrUr6Vp2cY

管理会社さんからの問い合わせで、一日中雨が降り続いた日だけサッシ下に雨漏りするようで、管理会社さんが散水調査をしたり、サッシ廻りをコーキングで補修したりしたが、雨漏りが止まらず、原因を突き止めてほしいと、弊社に相談がありました。

S造と木造はRC造にくらべると、少し調査時間がかかりますが、私達の調査技術に任せたらお手の物ですWW

サッシ下の雨漏りですので、僕も管理会社さんもいの一番にサッシ廻りを疑います。

ですがサッシ廻りに散水して、雨漏り調査機をセットしても反応なし。

30分〜1時間程度散水しましたが、雨漏りを発見するには至りませんでした。

 

場所をかえて、ベランダの手摺天端とALC材の取り合い、ベランダの立ち上がりとALC材の取り合いに散水します。

散水後10分で雨漏り調査機に音がなり、水の道が出来ていることが発見できました。

この調査機では、雨漏りの入り口を特定することが出来ます。

 

今回はコーキング補修の場所をお伝えし、完了です。

 

リスペックの雨漏り調査は、一般的でない雨漏り調査機を使用しています。

雨漏り調査機、赤外線カメラの撮影、散水調査がセットになっています。

ご相談は072-395-0383

メール info@respec-office.com

お気軽にご相談ください

 

【Before】

【After】

>> 記事一覧に戻る