株式会社リスペック 各種防水工事請負・外壁防水塗装 株式会社リスペック

リフォーム工事のご依頼・お問合せは
お気軽にご連絡ください

tel072-395-0383 fax072-395-0384

リスペックブログ

社員ブログ

社員ブログ 防水工事のプロから見た防水工事の耐用年数

投稿日:
2021年2月10日

タグ:

こんにちわ  リスペックのイクメン浅野です。

 

久しぶりの更新になりますね。

 

私事ですが、もうすぐ3人目の子供が生まれます(^^)男の子です。

12日の出産予定ですので、ほんともうすぐで、楽しみです(^^)  これからも引き続き頑張っていくので応援宜しくお願いします。

 

さて、今回は防水工事の特徴と耐用年数についてお話します

 

ウレタン防水  耐用年数8年〜10年  見た目の特徴  弾力がある防水層

主な施工箇所  屋上、バルコニー

防水層の厚み  2mm〜5mm   (工法による)

 

防水材料の中で最も出荷数量が多い材料となっています

主なメーカーは、田島ルーフィング、旭硝子、ダイフレックスで、ほとんどの業者がこの材料をしています

 

ウレタン防水は液状の材料の為、複雑な屋根の形状でも施工ができるのが特徴です。ビルの屋上などは、キュービクルや室外機、配管ラックなどたくさん障害物がある場合がありますので、そんな時にこのウレタン防水の材料は必須です。

塗料のように何回も塗り重ねて、厚みをつけ強靭な防水層を形成します。

歩行も可能なので、バルコニー等でも使用できます。

ただ、火などには極端に弱いので、火気厳禁です。タバコの火種には十分に気をつけてください。(花火もだめですよ)

 

次はFRP防水 耐用年数 10年〜12年 見た目の特徴  軽くて硬い防水層

主な施工箇所 屋上、バルコニー

防水層の厚み  平均3mm

FRP防水は、熱や薬品にも強く、重たいものを乗せても割れないくらい、頑丈な防水層です。タバコの火種にも強く、現在の戸建住宅のバルコニーの防水は、ほとんどがこの防水工事が施工されています。(でも花火はやめてくださいね、焦げ跡が付くと取れないですよ)

 

最後に塩ビシート防水 耐用年数10年〜20年 見た目の特徴 シート系防水でつなぎ目がある

主な施工箇所 屋上、バルコニー

防水層の厚み 1.5mm〜2mm

塩ビシート防水は工場で生産されたものを使用するので、防水層は均一の厚みで、広い面積をムラなく仕上げられます。

機械固定工法なら、湿気を逃がすため膨れる心配もなく湿気が多い場所や、雨漏りしている場合でも安心です。

塗り替えも行わなく、メンテナンスフリーの材料なので、メンテンスの必要なしで10年は軽く防水性能を維持できるといえます。

 

他にもいろいろな防水工事の種類がありますので、その場所にあった防水材を選んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>> 記事一覧に戻る