株式会社リスペック 各種防水工事請負・外壁防水塗装 株式会社リスペック

リフォーム工事のご依頼・お問合せは
お気軽にご連絡ください

tel072-395-0383 fax072-395-0384

リスペックブログ

雨漏り調査

【漏水調査】ホームページを見て依頼があった漏水調査の事例 

投稿日:
2018年8月4日

タグ:

こんにちは! リスペックの山本です!!

って威勢よくご挨拶しましたが、
忙しくて…忙しくて…
ブログの更新が止まってしまいました(汗)

 

「忙しい」を言い訳にできないのは重々承知です。
リスペックの代表として、
気合いを入れ直すのでヨロシク!!

 

話は変わって、、

 

今年の梅雨は強烈でした。
例を見ないほど甚大な被害もでましたね。

 

そして、梅雨が終わると同時に
猛暑がやってきました。まさに異常気象です。

 

皆さま様の体調はいかがなものでしょうか?

 

僕たちの仕事は屋外での現場作業なので、
はっきり言って過酷です(苦笑)

 

年々暑くなってきています。
くれぐれも体調管理にはお気をつけください。

 

7月以降は漏水調査依頼が急増加!?

 

7月に入ってからというもの、
実に漏水調査の依頼が増えています。

 

お察しの通り地震の後の豪雨の影響で、
個人の方々も漏水への意識が高くなっている
のは間違いありません。

 

そこで今回のブログでは、
当社のホームページを見た
問い合わせ頂いた「漏水調査」の
頼をご紹介させて頂きます。

 

今回ご依頼をいただいたお客様宅は、
天井の2箇所からの雨漏りを発見しました。

 

お客様はご自身で屋根に上がって、
コーキングしたり、対処をしていたのですが、
一向に雨漏りが止まらず屋根屋さん相談。

 

しかし、原因は掴めずに終わりました。

 

「どうしようかな…」と、
悩んでいたところ、
インターネットで当社のホームページを
見つけ早速、問い合わせ頂いたのです。

 

連絡を受けた私たちは、
早速現地に向かい調査を開始しました。

 

(実際に原場の状況写真)

 

あっ当社が自信を持って提供している、
漏水調査機はこちらです。

 

よかったら動画をご覧ください^^

 

 

まずは、漏水をしているところの真上の瓦から調査を開始。

 

ん〜反応なし」。。

 

次に反対側の漏水箇所にコーキングで
補修している周辺を調査しました。

 

・・・」。。。(反応なし、涙

 

最後に!瓦棒の調査をしました。すると、、

 

ピーピーピー

 

漏水調査機が反応したのです!

 

これで原因がわかったので、
具体的な修繕工事の提案ができます。

(瓦棒と一部瓦のやりかえ工事)

 

雨漏りは事前対策が最も大事です!

 

このブログをお読みになっている方へ、
一つお伝えしたいことがあります。

 

漏水は事故が起きてから相談してもすでに遅しです。

 

事前に調査を行い対策するからこそ効果を発揮します。

 

でも、漏水調査だけで相談するのも悪いしな…

 

ぜんぜん構いません!!むしろ、相談してください。

 

リスペックでは防水工事以外にも、
漏水の調査依頼だけもご対応させて頂いております。

 

どっちか迷ったら、とりえず連絡してください^^

【Before】

【After】

>> 記事一覧に戻る