株式会社リスペック 各種防水工事請負・外壁防水塗装 株式会社リスペック

リフォーム工事のご依頼・お問合せは
お気軽にご連絡ください

tel072-395-0383 fax072-395-0384

リスペックブログ

FRP防水ウレタン防水塩ビシート防水

昨年の防水工事と外壁塗装工事の紹介

投稿日:
2022年1月27日

タグ:

こんにちわ リスペックの山本です

寒い日が続きますね。

寒いので、電熱ベストを着込んで外回りをしています。足にはホッカイロを貼って寒さ対策をしています。

 

さて、今回は屋上やバルコニーの防水工事を何件かご紹介していきます。

 

バルコニー

FRP防水→FRP防水 1PLY

既存ドレンが鋳物の素材なので、FRP防水層との相性が悪いので破断して雨漏りの原因となっていました。

FRP製の改修ドレンを取り付けてFRP防水を施工しました。

 

屋上

ゴムシート防水→塩ビシート防水機械固定工法

既存ゴムシート防水が劣化し雨漏りが発生していました

雨漏りで湿気が溜まっているので防水層が膨れて破断しないように、塩ビシート防水の機械固定工法で施工しました。

 

屋上

既存塩ビシート防水→高強度ウレタン防水密着工法

色あせは酷かったのですが、防水層の状態は良かったので、工事代金を安価にするために、既存防水層を撤去せずにダイフレックスというメーカーの高強度ウレタン防水で仕上げました。

 

 

 

ルーフバルコニー

既存ポリマーセメント系塗膜防水→ウレタン防水通気緩衝工法

経年劣化で防水が傷んでいる状態で、やり替え時期で雨漏りが発生する前に防水工事をしておきたいとの依頼。

水溜りが気になるので、これも解消してほしいとのことで、左官工事で勾配調整をしてから防水工事を行いました。

 

2F廊下

既存防水ポリマーセメント系塗膜防水→ウレタン防水+防滑シート貼り

1F廊下に雨漏りが発生している状態でした。

全面をウレタン防水するのは3日程度時間を要しますので居住者の出入りがありますので、出入りを止めるのは難しいので、外回りだけウレタン防水を塗布し、歩くところはタキロンの防滑シートを施工しました。工事中も歩行できますので居住者に迷惑かかることなく、工事を終えることができました。

 

 

 

【Before】

【After】

>> 記事一覧に戻る