株式会社リスペック 各種防水工事請負・外壁防水塗装 株式会社リスペック

リフォーム工事のご依頼・お問合せは
お気軽にご連絡ください

tel072-395-0383 fax072-395-0384

リスペックブログ

塩ビシート防水

寝屋川市、北摂地域で台風、災害、復旧工事、屋上塩ビシート防水部分補修

投稿日:
2019年5月24日

タグ:

こんにちは! リスペックの山本です!!

 

日々の作業や業務に追われて更新をサボっていました(T_T)

最初に言い訳させてください。

 

GW空けから、忙しさがより増して、梅雨までに終わらせたいという方の工事案件が多数問い合わせありまして、日々、現場での施工、品質検査、写真整理、工事前調査、見積もりで大忙しです。

 

ですが、今年のGWはしっかりと休み、旅行も行かせてもらいました。

今年は10連休ということで、普段あまり連休を取れない建設関係の方も結構休めたのではないでしょうか。

人間、働きすぎは良くないですもんね。程よく充電でき、業務もしっかりできております。

ただ、ブログの更新だけを除いて。WWW

 

 

GW空け一発目の工事の紹介は、台風案件です。

去年の大型台風の災害復旧工事で、強風で屋上の笠木が飛ばされて、現時点では漏水はしていないものの、梅雨時期の雨が心配なので、梅雨までには工事をしてほしいという事で、以前からお願いされていた工事をGW空けにさせて頂きました。

 

今回の工事依頼はできるだけ、安くということで、既存納まりのように笠木を復旧致しますと、工事代金がかなり高くなってしまうので、防水だけでなんとかできないものかという、相談でした。

現状写真

笠木というのは、屋上の丸で囲った箇所がパラペットという名称で、そこの天端に最終の仕上材としてよく使われる部材のことです。

アルミやステンレスなどの素材が使われていて、天端からの雨漏りを防ぐためのカッパのような役割の物です。

 

そこで、既存防水が塩ビシート防水だったので、既存の笠木はすべて撤去します。

すると、撤去した天端の防水はアスファルト防水でした。

このままでは最終的な仕上がりが不陸がでて悪くなるので、アスファルト防水を撤去します。

パラペット天端用鋼板を取り付けます。

アンカーを打ち込んで、ビスで固定しますので、台風でも飛んでいったりしません。

パラペットの鋼板に塩ビシートを貼り付けて、入隅部の鋼板にライスターという熱風機で熱溶着していきます。

 

端末に液状シールを打って完了です。

 

この工法ですと、笠木を交換する半額程度の代金で済みます。

強度も抜群で見た目もシンプルでいいですよ。

 

 

【Before】

【After】

>> 記事一覧に戻る