株式会社リスペック 各種防水工事請負・外壁防水塗装 株式会社リスペック

リフォーム工事のご依頼・お問合せは
お気軽にご連絡ください

tel072-395-0383 fax072-395-0384

シーリング防水

シーリング防水の特徴

シーリング防水の特徴

シーリング防水(コーキングとも言われる)とは、建物の外壁のつなぎ目や、パネル、コンクリート、サッシ、ガラス、防水層の取り合い(隙間)をシーリング材で埋め、水密性、気密性を確保し雨水の侵入を防ぎます。微動する建物の揺れにも追従し、建物のクラック・腐食・劣化などを防ぎ建物の寿命を延ばす効果もあります。

近年では、デザイン性も求められており、美観の為にシーリング材の色のバリエーションがより多く選択できるようになっております。 近代建築ではとても重要な工事で、シーリング工事の品質で建物の寿命が左右するといっても過言ではありません。

また、メーカー違いのものや、材料の専用プライマーを使用しなけらばならないのに、違うものを使用したり、目地設計に基づいて材料を選定していなかったり、するとすぐにシーリング材が剥がれてきたりします。

さらに、材料の専用プライマーを使用しなければならないのに、メーカーが違うプライマーのものや、目地設計に基づいて材料を選定していなかったりすると、すぐにシーリング材が剥がれてきたりします。

上記を熟知した、シーリング性能を発揮させる水密性、気密性の防水を確保し目地設計も十分に考えられる、信頼できる腕の職人に施工をお願いする必要があります。

保証期間は3年〜5年(高耐久の材料の場合は10年以上の耐久性も)

リスペックブログウレタン防水

シーリング防水のメリット

  • 補修程度ならDIY(日曜大工)のように比較的簡単にできます
  • 不定形材料なので、あらゆるところから使用されています
  • 木造・鉄骨造、問わず、すべての建物に使用されています

シーリング防水のデメリット

  • 寿命が短いので定期的な補修が必要(10年に一度打ち替えを推奨)
  • 5年の経過ではがれてくる場合があります
  • 紫外線や建物がよく揺れるなどの原因で劣化が早くなります
  • 施工業者の仕上がりに依存します
  • 各メーカーの施工手順に従って施工しなければ、劣化が早くなります

シーリング防水の価格帯

防水種類 単価(㎡) 備考
シーリング施工 ¥350〜 / ㎡ 目地幅、部材の種類によって金額が増減します
シーリング撤去費用 ¥200〜 / ㎡ 目地幅、部材の種類によって金額が増減します

シーリング防水が最適な場所

  • 戸建て・マンション・ビル問わずOK
  • つなぎ目(隙間)がある箇所は全てに対応
  • 新築・築古も問わずOK

【Before】

before

【After】

After
※写真はシーリング防水の完成イメージとなります